下っ腹が出てきて・・・

下っ腹が出てきて・・・

下っ腹が出てきて・・・しましました。

 

下っ腹が少し出はじめたのでそこを気にしています。

 

というのも下っ腹が出ているということは腹筋が
弱くなっていることの証拠だと思うから・・・。

 

何かの病気じゃない限り腹筋が強ければ
下っ腹は出てきませんよね。

 

子宮があるあたりも含めて下っ腹と呼ばれている部分が
ふっくらしているので好きなファッションができません。

 

昔はお腹をチラッと見せるファッションばかりしていました。

 

ウエストのくびれがちゃんとあって下っ腹も出ていなかったので
お腹見せファッションを楽しめたのです。

 

でも、最近下っ腹が出てきてからお腹を見せるなんて
無茶なことできなくなりました。

 

好きなファッションができなくなるのはストレスです。

 

年齢を考えるとお腹が出ても仕方がないかと
感じますがまだまだきれいを諦めたくなくて・・・。

 

腹筋運動を続けて下っ腹が引っ込むことを
期待しています。

 

テレビを見ながら1日30回の腹筋運動を
していますが効果がなければ回数を増やそうと思ってます。

 

朝の大切さ

 

私は1日を健康に送るために起きてから会社に
行くまでの時間をものすごく大切に過ごしています。

 

まずどのように起きるかですが、音が鳴る目覚まし時計や
スマホは使いません。

 

代わりに光目覚まし時計を使っています。

 

人の体内時計は25時間あって1時間程ずれがある為、
リセットしなければなりません。

 

その為には1万ルクス以上の光りを浴びれば大丈夫です。

 

私は仕事の都合上、午前4時に起床するので
太陽がまだ照っていない為、光時計を使用しています。

 

ちなみに体内時計をリセットしないままにしていると、
昼夜が逆転してしまい、仕事中に眠くなってしまいます。

 

目が覚めたら次は、デトックス作業に努めます。

 

顔を洗い、歯を磨き、舌を磨き、鼻うがいをします。

 

鼻うがいは、下手にすると鼻は傷つきやすい為、
ネティポットにぬるま湯を入れて、天日干しされた塩を
入れて、さらに抗菌、殺菌作用のあるユーカリを
入れて使用しています。

 

舌は舌苔を取る為で口臭をなくし、鼻うがいは
花粉症対策でもあります。

 

朝食は胃腸も休息に入っており大量の消化酵素を
使うので活動能力が低下するため、食べません。

 

 

その代わりコップ一杯の白湯を飲んで、
排泄に努めます。

 

このデトックスを全てやると体中が軽くすっきりして、
ストレスなく健康に1日頑張ることが出来ます。

 

 

ウォーキングというのは

骨粗しょう症については、骨を形作る時になくてはならない栄養分であるカルシウム・ビタミンDであるとかタンパク質などが不足気味であることや、飲酒喫煙や日光浴不足などが災いして生じる病気です。
単純に心臓病と言っても、何種類もの病気に区分けできるのですが、その中にあっても昨今増加傾向にあるのは、動脈硬化のせいで発症する「心筋梗塞」だと言われています。
急に足の親指などの関節が炎症を起こして、とんでもない痛みに襲われる痛風は、男性のみなさん中心におきる疾病だと教えられました。発作が生じますと、数日は歩行できないくらいの痛みが継続します。
疲労につきましては、痛みと発熱をプラスして、身体の三大注意報などと呼ばれており、いろいろな病気で発症する症状です。そんな理由から、疲労が付随する病気は、数え切れないほどあるらしいです。
肺や心臓などにシリアスな症状がないケースでも、胸痛が襲ってくることもあって、「胸痛=死」という定説から、増々症状がエスカレートすることがあると聞きました。

女性ホルモンと申しますのは、骨密度を保持しようとする役割を果たしており、女性ホルモンの分泌が低減し始める50歳にくらいに骨粗しょう症に罹患しやすいとされています。
胃がんになると、みぞおち周辺に鈍痛が走ることが多いと言われます。概してがんは、発症したばかりの時は症状が出ないことが一般的なので、看過してしまう人が大勢いるというわけです。
かつてはアトピー性皮膚炎は、小さな子供に生じる疾病だと思われていたようですが、現在は、大人にも見られるようになりました。的確な治療とスキンケアをすることで、完治する病気だと思います。
身体を鍛えることもせず、いつも満腹状態だというだけでなく、コレステロールの多い御飯を止めることができない人、脂肪分であるとか糖分などが多い高カロリーな料理を好んで食べる人は、脂質異常症になる可能性が高いと考えられます。
甲状腺の病気は、男女の罹患率が全く違うという特徴があり、女の人から見ますと、バセドウ病などは男の人の5倍ほどだとのことです。そういう背景から、甲状腺眼症という疾病も女の人が気を付けて欲しい疾病だと言えるでしょう。

私達日本人は、醤油であったり味噌などを利用するので、生まれた時から塩分を食べすぎる傾向にあるのです。その事が理由で高血圧に陥り、脳出血を発症する事例も相当多いと言われます。
アルコールが原因の肝障害は、唐突に発症するものではないとのことです。そうは言っても、長らく深酒を続けていると、その量に応じて、肝臓はダメージを受けるものなのです。
はっきり申し上げてほとんど浸透していないのですが、ぜんそくを看過していけないのは、生命が失われてしまう可能性のある疾患であることが明白だからです。一年間に、約2000人の患者さんが、ぜんそくの発作で生命を落としているそうです。
良い睡眠、正しい栄養を考えた食生活が一番大切です。適切な運動は、新陳代謝や呼吸・循環器系機能を向上させることに役立ち、ストレスの減少に好影響を及ぼします。
ウォーキングというのは、あらゆる筋肉、はたまた神経を活用する有酸素運動と言われます。筋肉を進化させるのは言うまでもなく、筋肉そのものの柔軟性をアップしますので、筋肉痛を知らない身体になり得ます。