老人の謎の健康法

老人の謎の健康法

老人の謎の健康法をご覧ください。

 

ある日、90歳を超えた男性にお会いしました。

 

まさか90歳を超えたお歳には見えず、
せいぜい70代ぐらいの方かと
思っておりました。

 

「お元気ですね」と話が弾み、
その方が毎日行っている健康の秘訣について、
お伺いすることができました。

 

「何というほどのことは無いが…」と、その方は、
朝は一番鶏の声とともに自然に目覚め、
北の方角に向かって両の手の拳を握り、
「ムッ」と腹に力を込め気合を入れた後、
仏壇に向かい線香をあげるのだそうです。

 

その時、鼻から線香の匂いを思い切り嗅いで、
肺の中まで線香の匂いで埋め尽くすのだそうです。

 

この朝の一連の儀式を、何十年も続けているのが、
ご自身の健康の秘訣ではないか、と仰っていました。

 

一体、何が健康の秘訣なのか、わからない話では
ありましたが、私自身は朝起きると、北の方角に
向かって両の手の拳を握り「ムッ」と腹に力を
込め気合を入れるところだけは、真似を
するようになりました。

 

今でも、やっていることの意味はわかりません。

 

多分「北の方角に向か」って「気合を入れる」ことが
いいのだろうと、漫然と思ってやっています。

 

気にしない健康法

 

私が健康でいる為にやっているのは、意識的に
あまり細かいことを気にしないという事です。

 

もちろん、なるべく毎日野菜を食べるとか
早寝早起きするとか身体を動かすとかはするのですが、
適度にやって気が乗らないとかいう時にはやめています。

 

つまり健康でいるためにやる事を完全な決め事にせず
かなり大雑把に、自分にとってストレスに
ならないようにしているのです。

 

何故ならストレスってすごく健康に良くないからです。

 

周りの人の言うことも、嫌な態度を取られてもあまり気に
しないで忘れるようにしています。

 

他人に対して悪いことや意地悪な事はしないと
決めているので、それ以外では何を言われても
私の力の及ぶ範疇ではないと放っておく感じです。

 

そうしていちいちあれこれ気にしないで明るく
生きるのが一番の健康法だと思っています。

 

実際、あれこれ思い悩んでいた頃の方が私は
風邪引いて寝込むことが多かったと思います。

 

自分の力の及ばない範疇のことを思い
悩むのはやめると決めてからは、かなり精神的に
元気に過ごせて身体にも良い影響を与えていると思っています。

 

病は気からというけれど、本当にそうだと思います。

脳卒中を起こした時は

健康に自信を持っている方でも、身体の内側に細菌が入り込んじゃうと、免疫力が一段と落ちます。生来身体が強くなかったという方は、尚のことうがいなどをすべきですね。
パーキンソン病の初期の段階で目立つのが、手足の震えだそうです。その他、歩行困難とか発声障害などが現れることもあると言われています。
風邪で寝込んだときに、栄養素を摂り込み、体温が下がらないようにして静養すると治った、という経験をしたことがあるはずです。これというのは、それぞれが誕生した時から持ち合わせている「自然治癒力」が働いてくれているからです。
特定保健用食品(トクホ)に限らず、諸々のサプリメントや健康機能食品は、ひとつ残らず「食品」だと解されており、外面は変わりないとしても薬だと言っては法律違反になります。
服用する薬が自然に有している特徴や、患者さんの身体的特徴が災いして、適正に使用しても副作用は出てしまうことも時々あるのです。それに加えて、思いもしない副作用が見られることも結構あるものなのです。

運動をする機会もなく、制限なくのんでしまう性格で、コレステロールの多い食物類に目がない人、脂肪分や糖分で満たされた高カロリーな食物類を好んで食べる人は、脂質異常症という病気に陥りやすいとのことです。
骨粗しょう症とは、骨を丈夫にする時に欠かせない栄養の成分であるカルシウム・ビタミンDとかタンパク質などが不足気味であることや、飲酒喫煙とか日光浴不足などが要因となってもたらされる病気です。
ALSと申しますのは、筋萎縮性側索硬化症のことになります。何が原因でなるのかはまだまだ明確にはなっていませんが、病気が発覚した年齢を見ると、神経組織の老化が根底にある可能性が少なくないと考えられます。
動物性脂肪を摂取することが増え、血管の内部に脂肪がたまってしまう事態になって、ゆっくりと血管内の血流が悪くなり、脳梗塞で倒れるという流れが大部分だとのことです。
少子高齢化の影響で、まだまだ介護に関係する人が足りていない日本国におきまして、今から一段とパーキンソン病患者が多くなり続けるというのは、深刻な問題になるでしょうね。

ほとんどの女性の皆様が苦労しているのが片頭痛だと聞きます。消えることがない痛みは、心臓の鼓動に応じるようにリピートされることがほとんどで、5時間〜3日くらい続くのが特徴だと考えられています。
人間は、その人その人で違っていて当然ですが、ゆっくりと年を重ねていくものですし、身体機能も減衰し、免疫力なども低下して、これから先にいずれかの病気に襲われて天国へと行くわけです。
鼻水が出るという症状が何日も継続していませんか?スルーしていますと、ますます悪くなって合併症に結び付いてしまうこともあり得るのです。そのような症状に襲われたら、クリニックなどにて相談しましょう。
脳卒中を起こした時は、治療が終わった後のリハビリが特に重要になります。少しでも早い時期にリハビリを始めることが、脳卒中で倒れた後の回復に大きな影響を与えます。
ちょっとした風邪だと一顧だにせずにいて、最悪の気管支炎に罹患してしまうことも頻繁にあるようで、高齢者の場合、気管支炎が原因となった肺炎によって命を落とす事例が、死因の第3位になっているのです。